カラミざかり Vol.2

カラミざかり Vol.2 8話 『あんたも罪な男だね』

 

胸を引き裂かれる思いを何度もした高成

 

ついに里帆との念願がかなう。

 

意識しあった二人は初々しいのにとてもエロチックに見えた……

 

そして彼らは次の階段へとのぼる。

 

→ 無料試し読みはこちら

 

カラミざかり Vol.2 8話 ネタバレ・あらすじ

 

イラ立ちと興奮の勢いのまま挿入をしようとする高成。

 

「イ…イタッ……」

里帆は思わず言った。

 

「里帆はまだ濡れてないんじゃね?」

 

「俺がビチョビチョにしてやるよ」

 

69の体勢で里帆のマンコを舐め始めた。

 

「里帆もなめて」

 

里帆も貴史のチンポを下からなめた。

れろれろ…….ペロッ

 

貴史が準備OKだといった。

 

今までの思いをぶつけるように里帆に覆いかぶさる高成。

 

チンポをマンコに入れようとするがなかなか入らない。

 

「ココ……」

チンポを自分の膣へ誘導する里帆。

 

高成が里帆を見ると顔を真っ赤にしていた。

 

何かが吹っ切れた高成ははじめから激しくピストンをした。

 

それから4人はほぼ毎日集まり、お互いをむさぼりあった……

 

→ 無料試し読みはこちら

 

カラミざかり Vol.2 8話 感想

 

高成よかったなあぁぁぁぁぁぁあ!

 

貴史がちょっと邪魔だったけど

やっと好きな里穂ちゃんとセックスできた。

 

そして小悪魔な里穂ちゃん炸裂

 

高成暴走

高成おちつけと何回おもったことか!

 

でも、童貞なら仕方ないよね。

自分も初めての時はこんな感じだった気がする(笑)

 

そして貴史、お前はでしゃばなんな!

気持ちだけ受け取っておくからさ。

 

もうこれで高成も止まりませんね~。

次はどんな展開になるんだろう。

 

桂あいりさんって結構ブッこんでくるから怖い(笑)

 

でも気になります!